組合員活動

TOPページ > 組合員活動 > お知らせ > 🌈夏の平和の取り組み 🌻酒田生協「原爆の絵展」&ヒロシマ オンライン学習会開催

INFORMATION お知らせ

🌈夏の平和の取り組み 🌻酒田生協「原爆の絵展」&ヒロシマ オンライン学習会開催

2020.08.14

🌈夏の平和の取り組み
酒田生協🌻「原爆の絵展」&ヒロシマ オンライン学習会 開催報告


今年は、日本生協連が主催する「ピースアクションinヒロシマ」も新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から中止となりました。
そこで、日本生協連ではオンラインによる学習会を開催し、共立社でも参加することにしました。

県内各地の会場では、平和展なども併せて企画し、戦後75年の今年、多くの方に平和について学んでいただく機会としました。


酒田生協では、8月4日・5日の2日間、こぴあコープ酒田2階を会場に、

「2020年酒田生協 夏の平和展(原爆の絵展)」を開催しました。
展示内容は、
1.広島平和記念資料館からお借りした原爆の絵・被爆体験証言者と高校生との共同制作による「原爆の絵」
2.「ヒロシマ・ナガサキ原爆と人間」パネル写真展

来場者は、約50人でした。

この展示と併せて、ヒロシマオンライン学習会(視聴型)を企画しました。

参加者からはたくさんの感想が寄せられ、
【原爆の絵】
「何回見ても悲惨すぎて、でも高校生の絵はずっとその思いを伝えてくれると思います。忘れてはならないことです。」

【日生協ヒロシマオンライン学習会】
「被爆から75年、体験者も高齢になり継ぐ方々が少なくなっている中、当時の証言や写真、たくさんの資料をデジタル化していることがすごいと思いました。また、広島に行かずに見る事が出来ることを知りました。印象的だったのは、白黒写真を人工知能技術でカラー化し、凍り付いた白黒写真が、楽しかったことや家族のやさしさが思い出され、当時の生活感が甦ったことでした。今後も大事なことは、新しい技術も使いながら継承していくことだと思います。」

などの感想が寄せられました。

参加されたみなさま、ありがとうございました🌞



組合員になるためには